定期預金の預け方

いつでも自由に引き落としができる「普通預金」に対して、一定期間まとまった金額を預金して、その間の引き落としができなくなるのが「定期預金」です。
理屈だけで言えば、使わないお金を定期預金にしてしまえば、どんどんお金が溜まっていくことになります。
問題は、使う必要が出た場合に、どうなるのかということでしょう。


預け入れたときには、普通預金より金利が高く設定されていますが、解約すると利率が低くなって、定期預金にした意味がなくなります。
定期預金は、満期日まで引き落とさないことが条件で、金利が高く設定されているからです。


そこで、定期預金を下ろすことなく、金融機関に借り入れる方法があります。
それは、金融機関に総合口座を開設して、定期預金を担保にお金を借りる方法です。
普通預金口座が残高不足でも、借りた分はマイナスとして計算されます。
返済方法も、普通預金口座に入金すれば返済されるので簡単です。
新たにクレジットカードを作れば、審査が必要になりますが、この方法ならすぐに借り入れることができます。


それと、直接お金を増やす方法ではありませんが、それぞれの金融機関が定期預金を預け入れることで、懸賞金や懸賞品が当たるキャンペーンを行っています。
低金利なので定期預金を預け入れるメリットが少なくなっている中で、別な楽しみ方が出てきているようです。
定期預金を預け入れる際には、どこの金融機関がどのようなキャンペーンを行っているのかをチェックしてみてください。